FSW:'06.12.17


'06.12.17
前回の走行会からブレーキ時の車体振動の件でフロントハブ交換をした。
がしかし症状は改善せず。
そいで、私的にも交換したかったへクラックの入ったローターとブラケットを交換することにした。
納期が間に合わないと思われたが、予定外に早くモノが届き、走行会前に換装してもらった。
車的に2分10秒は切れるのでは?と思っていたので、今年締めの走行会。目標は2分10秒切り!
今回は余計なABSを解除して走行した。

それではタイムを。

BEST LAP:2'09.757
AVERAGE:2'22.607
LAPPassing TimeLAP Time 
15'07.0472'15.766
27'22.8132'17.203
39'40.0162'12.598
411'52.6142'40.009
514'32.6232'22.643
616'55.2663'04.179
719'59.4452'41.663
822'41.1082'20.334
925'01.4422'14.554
1027'15.9962'15.934
1129'31.9302'15.555
1231'47.4852'14.627
1334'02.1122'15.227
1436'17.3392'19.058
1538'36.3972'09.757Best Time
1640'46.154
前半はブレーキでロックしたり、スピンしたりした。
ブレーキ時に多少ハンドルがぶれるが、車体振動は起きなかった。
後半、思い切り集中してLAPを刻んでいく。
水温も80度後半で安定。パワー差のある車をどんどんオーバーテイクして走っていった。

最終コーナー立ち上がりでそのLAPがクリアLAPであったことに気がついた。
しばらく全開で走っていたので、ヘルメットの中で汗ばんでいる。
「このLAP終わったらクールダウンしてからPIT INして終わりにしようかな」
「ん、でも最後まで走るとビール賞がもらえるかもしれないな〜」
なんて考えながらストレートを走っていると、パワーがないことに気がつく。
「ん?ストレートエンドなのに5速に入っていない…」
とりあえず5速に入れ、すぐに1コーナーのブレーキに入る。
ヒール&トゥをしながら減速していくとちょっと変だと思った瞬間
突然フロントから白煙が上がり、激しいスキール音が鳴った。
「?、なんでロックしてんだ?ブレーキ壊れたか?」
ブレーキペダルから足をはなしているのにスキール音が消えない。
しかもケツを振っている。フラフラ踊りながら1コーナーをコースアウト→1回転スピン→停車。

「・・・ブローしたな…」

「やべ〜自走して帰れないな…」
と思いながら、後続車に突っ込まれる危険があるので車から退避した。
車から降りると大量にオイルをぶち撒いていた。完全に駄目だな…

案の定1台アルテツァがスピンしながら飛んできた。で、その人が何故か車を降りて退避した。
「びっくりした〜 いきなりブレーキ利かなくなってコースアウトした!」
「なんだろう?フェードでもしたのかな?」
「でもお互い怪我しなくてよかったですね。」
と、よくわからない励ましをもらたった。俺の車がブローしていることが見て分からんのか?
一応、自分のZがぶち撒いたオイルに乗ったからスピンしたんだと教えてあげたが、分かったのかな?

その後、最終LAPがベストLAPでしかも2分10秒を切っていることが分かった。素直に喜べないな…
最終LAPに書いてあるB(BSET LAPの略)がブローのBかと思った…
ベストタイムは53台中12位。自分より上はSタイヤ車両とハイパワーな外車。これ以上は無理です…
そして、自走できないので私は兄貴の車に乗って帰宅。
私のZは今回5位のタイム2’03.929をS13で叩き出した整備士Y.Kさんに当日のディートをキャンセルして頂き
深夜に及ぶ孤独なローダーの旅をして頂き、埼玉に輸送されたのでした。整備士Y.Kさん、ホントスンマセン!


後日、修理代の見積もりをしてもたったところ最低60万。補器がどこまで壊れているかで価格はアップアップ!
金ねーよ……orz…
そういえば今回もらい物のnismoオイルVERUSPEED 5W-40を入れていた。実はこれNA用。ターボ用は10W-60…
まずかったのかな…
これからはエステル系入れるか。レッドラインかな…

BACK
inserted by FC2 system